ジュエリー生まれ変り日記

彫留めの石外しの件

お世話になっております。
お陰さまで、大変たくさんのリフォームご依頼を頂けるようになりました。

それに比例してますます増えてきたのが、メレダイヤが入ったジュエリー製品の下金化です。もう全然していないから、つぶして新たなデザインに—。

勿論利用するのは地金だけですから、入っている石はご返却いたします。
(使えるデザインであれば極力使う方向で。あまりに傷が多かったりで、こちらから交換をご提案する場合もあります。)

そこで「石外し」なのですが、爪留めであれば大抵私が外しています。この石外しに代金が発生することはありません。
しかし「彫留め」 で留まっているメレダイヤの場合、私では簡単に外せないケースが数多くあります。下のテニスブレスなどは彫金の職人さんに依頼して外してもらいました。

中には亀裂(傷)が多いメレダイヤもありまして、その場合石外しで欠け(割れ)てしまうこともあります。その点だけはご理解願います。もうどうしようもなく不可抗力なんです…。

テニスブレスレットとそこから外したメレダイヤ

彫留めメレダイヤの石外しにつきまして
テニスブレスやパヴェリング等、ピース数が多い場合工賃が発生するケースもあります。
その点は事前にご了解をお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive