ジュエリー生まれ変り日記

オパールピアス加工

何とサイト開設年(2003)に頂戴したご依頼事例です。
懐かしい…。

お預かり品
リフォーム前のオパールの指輪

K18(オーストラリア)オパールの指輪です。

ピンク色(赤系)の斑(ふ)が石全体に現れる、とても綺麗なオパールです。
この宝石の特徴である「遊色効果」が存分に楽しめるオパールと言えますね。
(ちょっと画像では表現しきれてないけど。)

リフォーム前のオパールリング 別角度

このオパールを使って「18金のピアス」にしたいとのご希望・ご相談です。

先ず、一つの石を二つに「リカット」することになります。
これは研磨加工業者さんに依頼します。
(宝石研磨は熟練の技術が要求される非常に難しい作業です。ミスイコールお客様の宝石の破損ですから、万に一つの失敗も許されないのです。)

リカット完了
リカット(二つに研磨)したオパール

ちなみに、最大限二つにリカットする場合、石目(カラット数) にどれだけの損失が生じるでしょうか。
元のオパールの石目は 3.17ct
リカット後の石目は、2ピース計で 1.82ct
優に1カラット以上が消えてしまいました。しかし宝石リカットの特性上、これは致し方無いことなのです。

リフォーム完成品
リフォーム完了後のオパール
K18オパールピアス加工 完成品

リカットした時点で一度お客様に石の大きさを見てもらい、ご相談の結果、耳に密着させるタイプではなく動くタイプのピアスにすることになりました。
ご希望どおりのピアスリフォームが完成し、この先お客様の耳元を飾ることになります。
めでたし、めでたし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive