ジュエリー生まれ変り日記

職人技

記念すべき、ブログ第一弾画像です。

Ptダイヤモンドエタニティリング手作り加工 Ptダイヤモンドエタニティリング手作り加工

先日お納めした「フルエタニティリング」のオーダー、その制作途上です。
こういう枠を、手作りでサクッと作ってしまう職人氏の技術に脱帽です。ワックスで、途中いくらでも修正出来るリング加工と違って、まさに熟練の技術がないと作れないのがエタニティリングです。

近日中にサイトの方にも正式にアップいたしますが(注)、完成時、ダイヤとダイヤの間に隙間が出来ないように作らなければならず、エタニティリングは大変難しい加工になります。

(注) アップしました。
◆/reform/sample/eternity.html

ショップサイトの利点は、我々プロの目から見て信頼に値する技術を持った職人氏を多数知っているということでしょう。
一か八かで見ず知らずの職人サイトに依頼するほど怖いものはないと私は思っています。一口に職人と言っても、各人の技術にはそれこそ雲泥の差がありますから…。


コメント

  • U-manさんブログ開設おめでとうございます。
    第一弾よりかなりの業モノ画像ですね~!
    型流しではなく熟練職人さんの一発仕事でフルエタニティー枠と言うのは、ご発注のお客さんはかなりの通と思われますね~。
    職人さんの長年の実績と経験の集大成のようにも感じますね。私も製作依頼するときにただ製品として購入するのではなくその中に込められた職人の業も購入する喜びを感じております。
    良いものを拝見いたしました。
    またこの企画で少しづつ良い情報をご提供ください。

  • M.Kさん
    ご投稿ありがとうございます。記念すべき第一号コメントで大変嬉しく思います。

    そうですね。やっぱり手作り枠はいいですね。
    「キャスト」(既製枠)のメリットは勿論ありますし、この技術がジュエリー業界にもたらした革命的利点は計り知れないものがあります。
    だからこそ、お互いのメリットを生かしつつ、そして「手作り加工」の技術もずっと後世まで残っていけばいいなぁと思います。

    最近ではどこもかしこも「ロストワックス」ばやりですけど、最低「原型」くらいはしっかり地金で製作されている方が価値は高いだろうし、やっぱり私は好きですね。
    手作り加工の職人さんに、今まで数多く接してきたからでしょう。

    それでは、また。
    今後ともお気軽にコメントして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive