ジュエリー生まれ変り日記

K18/WG ひすい帯留め加工

2006年末のご依頼品であります。
娘さんより母上様へのプレゼントだということです。

制作加工前
制作前のひすいルース

お預かりしました、ひすいのルースです。
帯留めにしてほしいとのオーダーでありました。

プラチナが恐ろしいほど高騰している時期であり、今回はホワイトゴールドにての制作です。
(注: その後まさか、金の相場がプラチナより高くなるなどこの頃誰が想像出来たでしょうか…。)
キャスト製のペンダント枠を用意し—。

K18ホワイトゴールド ペンダント枠

裏側に帯留め用の金具を加工。
ホワイトゴールド故、少々黄色味を帯びてますね。

本体完成品
K18ホワイトゴールド 帯留め金具加工

取巻きのメレダイヤ(Aクラス 計0.45ct)を石留めし、その段階でロジウムメッキをかけます。
メッキ後、最後にひすいを留めて全て完成!!

オーダー完成品
K18ホワイトゴールド ひすい帯留め加工

ご依頼主様。
その節は大変ありがとうございました。
変わらずご愛用頂けていることを祈りまして—。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive