ジュエリー生まれ変り日記

ペンダントのバチカン修理

昨年11月にご紹介させて頂きました、お形見のリフォーム
実はサイトからの移行(転載)でありまして、実際のお引受け日時はもう15年程前—。

先日、この時のお客様よりバチカン修理のご依頼がありました。

「お守りとしてほぼ毎日身につけて」いますとのこと。
こういうお言葉に接しますと、本当に、心の底から嬉しくなります。
大袈裟でなく「制作させて頂いてありがとうございました」という気持ちになります。
(特にお形見のリフォームなのでお客様の思いも身に染みて分かるようになりました…。涙)

修理前
修理前のK18クローバーペンダント 修理前のK18クローバーペンダント

地金摩耗の実例としても参考になります。
15年、ほぼ毎日の使用でK18丸カンの地金はこのように薄れます。
(15年ですから逆に「結構持つんだ」という印象もあるかもしれません。)

バチカンが先に経年劣化で壊れてしまいました。

修理後
修理後の同K18クローバーペンダント 修理後の同K18クローバーペンダント

丸カン・バチカン、共に交換して無事修理完了です。
因みにバチカンの真下、Vの底部分には少しロウを盛って厚みを補強—。
これでまた15年、胸元に映えることでしょう。

ご依頼主様。
今回もまた、本当にありがとうございました。
変わらずご愛用下さい。 ^ ^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

Archive