ホワイトゴールドのケース

“K18WG”や、“K14WG”といった刻印
のホワイトゴールド。
これは名前にゴールドとついている
くらいですから、当然に材質は「金」
(正確には“金合金”) なわけです。

ですから、地色は、普通は右のような
薄い金色なんですね。

K18ホワイトゴールドリングの刻印

よってホワイトゴールド製品には、
まず「ロジウムメッキ」が
かけられています。

使用頻度にもよりますが、そのメッキ
もいつかは必ず剥がれてきます。

メッキが剥がれ地色が出てきた腕部分

指輪の場合、石の入っている上部は
腕の内側・外側に較べるとそんなに
接触の機会は多くないですよね。

ですから、比すれば、メッキの
もちは格段によいわけです。

メッキのかかっているリング上部の腕

“プラチナ”リングといっしょに
並べてみますとWGのその中途半端
な色合いがよく分かります。

右は今回「新品仕上げ」で
お預かりした2本です。
(両方とも既に仕上げられた状態。)

プラチナとホワイトゴールドの色比較

双方最終的にロジウムメッキをかけて
完成ということになります。

WG製品は当然として、当方では「Pt
製品にもロジウムメッキをかけること」
を強く推奨しております。
(詳細はフォームよりお問い合わせ
下さい。)

ロジウムメッキ後のPtリングとWGリング