Pt ダイヤモンドリング加工

【 リング2本 → リングへ 】


リフォーム前の立爪と一文字リング

世の中のジュエリーリフォームの中で、恐らく一番ご要望の多いのがこのタイプの「立爪」ではないでしょうか。

(ダイヤが低目に留まる)ティファニータイプの枠に慣れた今の目から見ますと、確かに(石が)上に飛び出しすぎの感は否めません。(でも昔はこれが豪華でよかったんだよなぁ…)

石を外した下金の立爪と一文字

加えて一文字リングです。
(Ptダイヤ一文字 手作り加工の例はこちら)

この2本セットでのリフォームですと、様々なデザインパターンが可能になってまいります。また、「下金」(材料)としてのプラチナにも余裕が出てきます。

Pt立爪/1ピース−0.62ct
Pt一文字/5ピース−0.42ct

完成したPtダイヤモンドリング

漠然としたお客様のイメージを 「手作り加工」 にて形にいたしました。

ダイヤ1ピースを足し、3×3ピースの逆三角形に配置。中石も低目にセット。
(ですが手作りならではの地金の厚みは、ちゃんと出ております。)

完成したPtダイヤモンドリング(横面)

手作り加工のよさは何と言っても「ムク」(裏抜き無し)で、かつ、腕をしっかりと広く(または太く)作れるということでしょう。

勿論、華奢で繊細な腕が好みという方もおられましょうが、今回のご希望は「どうせ作るならしっかりしたものを」ということでしたので、ご希望に沿えたかなと。

完成したPtダイヤモンドリング

ジュエリーリフォーム 参考

使用地金 プラチナ/8.1g(ヘリ込み)
ダイヤモンド1ピース/0.08ct

本体加工賃・石留め工賃・ロジウムメッキ

* 指輪の手作り加工、ご相談承ります。

【 拡大画像 】