Pt ダイヤモンドリング加工

【 リング → リングへ 】


Pt部分を切り取った元の指輪

Ptメンズダイヤモンドリング加工」、このリフォームの奥様版です。
同デザインでのご依頼であります。

左のコンビファッションリングに入っていたダイヤモンド 0.23ct を中石として使用、切り取ったプラチナ部分は勿論 「下金」 として利用いたします。

完成したPtリング本体

今回の印面は 「7ミリ×7ミリ」。(ご主人様版は9ミリ×9ミリでした。)

角型の印台デザインの場合、面が1ミリ小さいだけでも完成後の大きさ(印象)は驚くほどに違ってきます。
面に合わせ、厚み・腕の太さ等、全体的に小さく絞られていくからです。

大きさ比較

大きさ比較です。こんな感じ。

(使用地金 13.9g/ヘリ込み)

ダイヤモンドを置いたところ

「彫留め」前に中石のダイヤを置いてみるとこんな感じになります。

今回は肩に入れるメレダイヤも、全体的な大きさに合わせ列(数)を少なくしました。(勿論これらのご指定は全てお客様のご希望によっています。)

下。見事完成しました。シンプルイズベスト!

Ptダイヤモンドリング完成品

ジュエリーリフォーム 参考

プラスPt/10.8g --- 31,320
メレ12ピース/0.27ct --- 27,000

本体加工賃
石留め工賃・ロジウムメッキ

* お問い合わせ下さい。