K18ダイヤモンド印台 リフォーム

【 リング → リングへ 】


お預かりした印台2点

お客様当初のご依頼は、左のダイヤモンド(0.746ct)を右の指輪に留め替えてほしいというものでした。

しかし右の印台は「裏張り」(中が空洞)のリングだったため、留め直しすることが出来ません。
地金の厚みに、0.7ctのダイヤモンドを新たに彫り留め出来るほどの余裕がないと思われたからです。

デザインサンプルの印台

結果、0.746ctのダイヤモンドを使って新たに「印台」を新規製作することになりました。
デザインサンプルは左のものです。

そしてメレダイヤも中石の回り一周、グルっと入れることになりました。とても豪華なかっこいい印台が出来上がる予感がします。

ダイヤを使用する印台

左の印台の「18金部分」はそっくりそのまま新規製作の「下金」として使用します。(印面のプラチナ部分は返却することになります。)

上のデザインサンプルの印台も、18金の腕部分は下金として使用します。(上部部分はご返却。)

完成した印台本体

中石の直径から、印面やメレダイヤの留まる巾などを算出し、プラス地金のおおよそのグラム数、メレダイヤのカラット数、本体工賃・石留め工賃等の詳細な「お見積もり」をお伝えします。

お客様のご承諾を受けて職人氏に加工を依頼。
イメージ通りの「印台本体」が出来上がりました。
(本体重量 26.2g)

完成した印台本体(別角度)

腕の「段」が決め手ですよね。本当にかっこいい印台だと思います。

次に、彫り留めするメレダイヤを選択します。1ピース1ピース全てルーペで確認し、綺麗なAクラスのダイヤモンドを選びます。
それを携えて「彫金」の職人さんの下に向かいます。

石留めし完成した印台

石留めが完了しました。やっぱりかっこいいです。

この間、「約3週間」 の工程になります。

石留めし完成した印台(別角度)

ジュエリーリフォーム 参考価格

プラス18金/10.5g --- 12,600
メレ24ピース/0.33ct --- 33,000
本体加工賃 --- 45,000
石留め工賃 --- 20,000

合計 --- ¥110,600 (消費税別)