K20角印台 オニキス取り付け加工

【 印面 / 部分加工 】


元のK20角印台

以前ホームページを見て製作をご依頼下さり、当方にて加工させて頂いた角印台です。「20金製」であります。

このままでは何となく淋しい(物足りない)ので、ご自身お持ちになっている「オニキスを入れられないか?」とのご相談です。

お客様お持ちのオニキス

そのオニキスのカットはこういった感じです。(特に上面のカットが面白い)

このままでは取り付け困難ですので(決して不可能ではないのですが諸々の理由により手間がかかり過ぎる)、思い切って石の下半分は捨てて「リカット」します。

リカット後のオニキス

「リカット」(研磨)完了後。

下面は真平らになりました。

プラチナで印面を加工

オニキスの入る面積分をくりぬいて、プラチナで印面を加工し、元々の印面にロー付けします。(ご要望により角は面取り。)

オニキス自体の持つ「微妙なカットの非対象」を考慮し、バランスよく削らなければならず、非常に難しい作業になります。
職人さん、いつもありがとうといった感じです。

メレダイヤを彫留めしたPt印面

回りにメレダイヤを「彫留め」にて入れます。

パランスを考慮して、四隅のみ大き目のダイヤにしてあります。(画像では分かりづらいけど。)

最後にオニキスを接着して完成となります。
非常に強力な接着剤を使用しますので、まず取れることはありません。

完成したメンズオニキス印台

ジュエリーリフォーム 参考

オニキス リカット(下半分研磨)
プラチナ印面加工 / 彫留め工賃等

Pt地金 (付け目2.78g)
メレダイヤ20ピース/0.17ct
4ピース/0.11ct

* 各種加工の形態についてはご相談下さい。